気を付けて!スマホを修理に出す3つの注意点


見られたくないデータがあるのか確認

生活必需品ともいえるスマホ。毎日使っていろいろなデータを保存している人も多いのではないでしょうか。写真や友達とのやり取りなど、他人には見られたくないデータがあることも珍しくありません。スマホを修理に出すと、秘密にしておきたいデータを見られてしまう可能性があります。基本的に個人情報となるデータは確認しませんが、動作確認のためにアプリを起動し、意図せずに見てしまうこともあり得ます。修理店の方針などによっては確認することもあるため、修理に出す前にデータを削除したりすることも大切です。

データのバックアップを取っておく

スマホを修理に出した場合、損傷具合によっては本体ごと交換することもあります。本体を丸ごと交換した場合、以前使っていたスマホのデータの取り扱いには注意が必要です。新品のスマホに旧スマホのデータを移行したい場合などには、バックアップを取っておくことが必須だと言えます。アプリの引継ぎなどにも使うため、修理依頼をする前にバックアップをしておきましょう。

初期化する場合はメモの準備を

個人情報を確認されることに不安がある人の中には、スマホを初期化して修理に出す人もいます。初期化することで、データを誰かに見られてしまうこともありません。ただし、初期化する前には重要な情報はメモしておくことが大事です。初期化すると、パスワードやメールアドレスといった情報も消えるため、各サービスのログインや利用などができなくなる可能性があります。すぐに使えるように紙に書いておいたり、PCやタブレットなどに保存しておくことも必要です。

スマホ修理の京橋にある専門店なら、割れた画面やホームボタンなどの修理や水没からの復旧、データの普及などが可能です。